正しい洗顔は、肌の栄養となる分の皮脂は残して洗浄する…!

30代を過ぎてくると肌のはりが衰えてくるので、毛穴が目立つようになります。

肌に黒いポツポツが点々とあると、汚く見えさらに老けた印象になってしまいます。

そうならないために年齢を重ねても黒いポツポツが多くならないようにするには、20代からしっかりと毛穴のスキンケアをしておくことが大切です。

20代はまだ肌が弾力があり若々しい状態なので、スキンケアよりもメイクの方に興味が行ってしまいます。

しかし、肌の老化は20代ですでにはじまっているので、瑞々しい肌を保つためにも若い内からケアをするようにしましょう。


毛穴が目立ってしまうのは、穴の中に汚れが詰まってしまっているからです。

詰まっている汚れは主に皮脂であり、新陳代謝の機能が活発で脂質の分泌も多い20代は脂が溜まりやすくなっています。

メイクの悩みで多い化粧崩れも、原因は皮脂の詰まりなのです。

毛穴を開かせる根源である皮脂の詰まりをスキンケアでなくすことで、メイクの仕上がりも良くなるという嬉しいメリットが得られます。

肌のスキンケアは洗顔で皮脂を落とすのが基本のように見えますが、それだと正しくケアできていない恐れがあります。

きちんとした肌のケアを知って行うことが、肌のアンチエイジングの効果を左右します。


肌の正しいスキンケアの仕方は、肌の栄養となる分の皮脂は残して洗浄することです。

毛穴を開かせて黒くしてしまう皮脂ですが、皮脂は肌の健康を守る役目も持っています。

洗顔フォームでごしごし皮脂を落としすぎてしまうと、肌に潤いを与えてくれる皮脂がなくなってしまうのでスキンケア方法としては逆効果となります。

洗顔は顔の余分な皮脂を洗い落とすようにすることが、正しい肌のスキンケアの方法です。

ぬるま湯か水で顔を洗ったら、充分に泡立てた洗顔フォームで優しく包むように洗ってあげましょう。

リンパの流れに沿ってマッサージしながら洗うと、フェイスラインがすっきりするのでおすすめです。

洗顔フォームは洗浄力の強くない低刺激のタイプを選ぶようにしてください。


スキンケアで忘れてはならないのが、肌を保湿することになります。

肌が乾燥すると免疫機能が弱くなるので、毛穴にばい菌が入り込んでしまう場合があります。

肌を洗顔したら化粧水、乳液、クリームで、肌に水分を補給してあげるようにします。

20代からこのようなケアの習慣をつけることで、将来の肌の衰えの問題を改善させることができます。

頑張って20代で肌のケアをはじめると、ずっとキレイな肌を保てます。



化粧品20代へおすすめ@人気ランキング…選びました!

20代のおすすめ化粧品を人気ランキングで紹介しています。すでに体験された方々のクチコミ、レビュー、体験談、モニター調査、売れ筋、リピート率…などのデータで独自に調査した結果のランキングを掲載しています。

詳しくは、コチラ↓

化粧品人気ランキング@20代へおすすめ